MENU

鼻のブツブツナビサイト

 

 

目次

鼻のブツブツの原因とは?

鼻のブツブツの原因とは?

気が付いたら鼻がブツブツになっていたという方は少なくないと思います。
鼻がブツブツになる原因は、一つではありませんが考えられる原因をまとめてみました。

 

まずは、鼻は乾燥していてもオイリー肌になっていても皮脂が過剰分泌しやすい部分であるということです。
成長ホルモンの分泌が盛んな10代の頃の人、いつも脂っこい食べ物や甘い食べ物を過剰に食べてしまう人はオイリー肌になり易いです。

 

逆に肌が乾燥している人は、肌を守ろうとしてTゾーンの皮脂が過剰分泌を起こします。
特に鼻の毛穴は奥が深いので、脂が溜まり易いというのもブツブツに見える原因になります。

 

肌の状態がオイリーだったり乾燥していて、正常ではない状態が続くと、毛穴に皮脂やメイク、汚れが詰まって酸化して黒ずんで見えることもあります。
皮脂が過剰分泌を起こしてずっと出続けている為、毛穴は開いたままになって詰まりの原因になります。

 

仮に毛穴パックをして角栓を全部取り除いたとしても、毛穴はパッカリと開いたままになっている為、またメイクや汚れが詰まって行きます。肌の状態を正常に保つことで徐々に毛穴を引き締めることができます。

 

例えば、乾燥して硬くなって閉じなくなった毛穴の場合、硬くなって開いた毛穴の影で黒ずんで見える場合もあります。そんなときには、毛穴対策専用の化粧水などで、しっかと保湿をしてあげることで徐々に肌が柔らかくなって毛穴が目立たなくなります。

 

 

鼻のブツブツをなくすためのスキンケア

 

鼻のブツブツをなくす

透明感のある毛穴の目立たない肌を目指すには、鼻のブツブツをなくすためのスキンケアが重要です。
鼻のブツブツをなくしたいのなら、どうして自分の鼻はブツブツになったのだろうと考えてみて下さい。

 

原因は、乾燥肌や皮脂の過剰分泌によるオイリー肌など肌が正常なバランスを保てなくなって起こります。

 

毎日、メイクをしている女性の場合、クレンジングでメイクの汚れは落ちないのに乾燥だけ進んでしまうということが考えられます。

 

ドラッグストアでなんとなく購入したクレンジングは、過剰に皮脂を奪うのにメイク汚れはなかなか落ちないというような商品もあります。

潤いまで、洗い落とさないスキンケアが大事!

 

メイクの汚れは、潤いを残しながら、しっかり落とせるクレンジングを選ぶことが大切です。

 

洗顔に関しても、石油系合成界面活性剤は、洗浄力は強く、肌に本来必要な皮脂まで奪ってしまいます。
また、ヌルヌルして肌に残りやすいというデメリットがあります。潤いを残してさっぱりと余分な皮脂や汚れだけを洗い流せる洗顔石鹸を選ぶことが大切です。

 

顔を洗った後に、突っ張ってしまい、あわてて化粧水をつけるというのであれば、潤いまで落としてしまっている証拠です。
大人の女性の大半は、乾燥肌ですが、クレンジングや洗顔で自ら乾燥させているということも多いです。

 

過剰な洗顔は、むしろ、鼻のブツブツを目立たせてしまうこともあるので注意が必要です。
乾燥肌で鼻がブツブツしている場合には、保湿はかなり重要です。乾燥すると肌が硬くなって、毛穴が影に見えてブツブツがより一層、ひどく見えてしまいます。

 

毛穴が硬いと開いた状態になって引き締めようと思ってもなかなか締まらなくなってしまいます。

 

保湿は、シミやシワなどの予防にも不可欠ですが、鼻のブツブツにも重要なスキンケアです。

 

 

そんな保湿をしっかりと行ってくれる美容液

 

鼻のブツブツを取る方法

 

鼻のブツブツを取る方法

鼻を指でつまむと、指にべっとり脂がついてくる経験はありませんか。
鼻のブツブツを鏡でよく見てみると、毛穴が過剰な皮脂で盛り上がって見えるということもあります。

 

毛穴が盛り上がって見えるような鼻のブツブツを取る方法ですが、指の腹で押しても構いません。
ただ、爪を立てると肌を傷つける原因になるので、優しくつまんで皮脂を取ってから洗顔や保湿をすると良いでしょう。

 

ピーリングジェルを使うというのも鼻のブツブツがツルツルになるのに有効です。
ピーリングとは皮を剥くというような意味があるのですが、古い角質がポロポロと落ちます。

 

ピーリングをした後の肌は、化粧水や美容液が浸透しやすく、触った感じもとてもツルツルします。
私は小鼻が詰まってくると、指で鼻をつまんだ時に痛みを感じますが、ピーリングをすると痛みも無くなります。

 

※ピーリングはやり過ぎると、乾燥を進めてしまう為、多くても週に1〜2回で十分です。

 

オイルを鼻に塗るという方法もあります。アルガンオイル、オリーブオイルなど自分がスキンケアに使っているオイルがあればそれで構いません。
小鼻に塗ってマッサージした後、洗顔石鹸を良く泡立てて洗い、ぬるま湯でよくすすぎましょう。

 

どの方法でも、すぐに透き通った透明感のある肌になるかというと、長い年月で蓄積してきた汚れはそうそう落ちないかもしれません。
定期的に鼻の毛穴の詰まりを取り除くことと、毎日の洗顔や保湿にはしっかりとこだわりを持つことがおすすめです。

 

洗顔やクレンジングでは汚れをしっかり取って、潤いは取り除かないことが大切です。

 

乾燥すると、皮脂が過剰分泌して毛穴トラブルを起こすため、乾燥しないように保湿をすることがとても大切です。

 

マイルドピーリング作用もある美容液

 

鼻のブツブツを消すために日頃心がけておかなければいけないこと

 

鼻のブツブツを消すために日頃心がけておかなければいけないこと

どうしてモデルさんや女優さんは、高画質のテレビで観てもあんなに肌に透明感があるのでしょうか。
写真などの画像なら加工しているということもあるでしょうが、生放送などでは修正ができませんよね。

 

しわが目立たずに白く見えるようにライティングしているせいもあるかも知れません。でも、最近の毛穴までくっきり見えるテレビでも透明感のあるきれいな肌はうらやましい限りです。

 

そんな透明感のある肌を目指して鼻のブツブツを消すために日頃心がけておかなければいけないことってどんなことがあるのでしょうか。

 

意外とシンプルに肌を正常な状態に保つようにコントロールすることがとても大切です。
鼻の毛穴が詰まってブツブツになるのは、乾燥した肌が防衛しようと皮脂の過剰分泌を起こしたり、オイリー肌になって起こります。

 

皮脂が過剰分泌しているお肌は、常に脂分を出している為、毛穴が開いてしまうのです。特に鼻は毛穴が深いために、鼻の詰まりがとても目立ってしまうのです。
鼻のブツブツを消すためには、皮脂が過剰分泌しないように、潤った状態を維持することが大切です。

 

つまり、化粧水や美容液、乳液などで保湿をすることはとても大切です。
保湿と同じくらい、大切なことにクレンジングや洗顔があります。
クレンジングや洗顔も、皮脂を過剰に奪ってしまうような商品を選んでしまえば、乾燥肌になって鼻がブツブツになります。

 

洗浄力が弱くてメイクや汚れを落としきれない場合には、やはり、毛穴が皮脂やメイク、汚れで詰まってトラブルを起こします。
潤いは残して、メイクや汚れをしっかり落とすこと、汚れを落とした後の保湿がとても重要です。

 

鼻のブツブツを消す方法

 

鼻のブツブツを消す方法

鼻のブツブツは、色んな原因がありますが、皮脂の過剰分泌が原因になることも多いです。
顔を触ると脂っこかったり、メイクが崩れやすい人、鏡で見るとテカテカしているひとなどは皮脂の過剰分泌を起こしています。

 

皮脂が過剰分泌を起こしていると、毛穴が開きっぱなしになり、鼻がブツブツに見えます。
普段の生活での心掛けで、皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。

 

日頃から肌の生まれ変わりに良いビタミンやミネラルを多く摂取しましょう。
逆に皮脂の過剰分泌につながる脂っこいもの、ジャンクフード、甘いものなどはほどほどに控えるのも大切です。

 

一見、甘いものはあまり関係が無いと思うかもしれませんが、特にケーキや菓子パンなどには多くのバターや脂が使われています。
また、糖分を摂り過ぎると肌の生成に関わっているビタミンB2やB6を糖分の分解のために消耗してしまいます。
肌の生まれ変わりを正常にすることが欠かせませんので、バランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。

 

Tゾーンがテカテカしているからと、洗浄力の強い洗顔フォームやクレンジングを使って、潤いまで落としていませんか。
洗顔後に肌がつっぱって、すぐに化粧水をつけずにはいられないという場合、実は乾燥肌が原因で鼻がブツブツになっている場合もあります。

 

乾燥したお肌は、防衛しようとして皮脂を過剰分泌させるため、特にTゾーンがテカテカになります。
Tゾーンのテカテカで自分はオイリーだと判断して、強い洗顔フォームを使ってますます、乾燥を深刻化させている場合も多いです。鼻のブツブツを消すためには、保湿してお肌を潤わせることが大切です。

 

毛穴の汚れを落とそうとして、強くマッサージしたり熱いお湯で洗顔した結果、どんどん鼻のブツブツが悪化することもあります鼻のブツブツを消す方法は、毎日、適切なスキンケアをすることが大切です。
オイリーでも乾燥していても、皮脂が過剰分泌した状態なので鼻のブツブツは治りませんしっとりと潤わせてテカリの無い状態を維持することが大切です。

 

鼻のブツブツを綿棒でとる方法

 

鼻のブツブツを綿棒でとる方法

鼻のブツブツをすぐに取りたいと思ったら、綿棒で取る方法があります。用意するのは、綿棒とスキンケアに使えるオイルだけです。
オイルは、自分が使っているアルガンオイルやオリーブオイルなどでOKです。まずは、洗顔をしていつものスキンケアをしましょう。

 

綿棒にオイルをつけて鼻のブツブツが気になるところを優しく押したり、転がしたりしましょう。毛穴を横から押して角栓が取れるようであれば、取り除いて構いません。
無理にこすったりして肌を傷つけないように注意しましょう。

 

特に熱中しすぎて、お肌が赤くなるまでこすってしまったなんてことが無いように注意してください。滑りが悪い時には、スキンケアで使うようなクリームを塗って滑りをよくしましょう。

 

毛穴に詰まっているのは、皮脂、汚れ、メイクなどが混ざって酸化したものです。
オイルを浸透させることで、毛穴の中の脂分を溶かして出してしまうという感じです。

 

綿棒で鼻のブツブツを取り除いた後は、きれいにオイルを洗い流しましょう。

 

洗顔石鹸をよく泡立ててマッサージするように丁寧に洗います。
人肌より低めのぬるま湯ですすぎ残しが無いようによくすすぎましょう。

 

すすぎ終わったらよくタオルドライをしていつものスキンケアを行います。
洗い終わったら、保冷剤などを使って冷却して毛穴を引き締めるのも効果的です。

 

皮膚科も推奨する鼻のぶつぶつの治し方

 

鼻のぶつぶつの治し方

鼻は思春期の10代はもちろん、乾燥肌の大人もぶつぶつになりやすい場所です。オイリー肌の人の鼻が脂っこいというのは容易に想像がつきますよね。
乾燥肌の場合は、自分の肌を潤わせようとして皮脂が過剰に分泌するために特にTゾーンがテカリます。

 

皮膚科も推奨する鼻のぶつぶつの治し方ですが、指の腹を使ってにゅるっと皮脂を出すのはOKです。
ただし、爪を使って肌を傷つけると跡になったり傷口から炎症を起こす場合もあるので爪を立てずに優しく脂を絞り出します。

 

毛の細いブラシでの洗顔も毛穴が盛り上がるほど、皮脂が過剰分泌している場合にはOKです。
ブラシの場合にも肌を傷つけないように優しく毛先を当てる程度にして、毛穴の奥までブラシを当てる感じにはしないことが大切です。

 

基本的には、正しい洗顔とスキンケアがとても大切です。乾燥したりオイリー肌になったりしないように基礎化粧品選びはしっかり行いましょう。
正しい洗顔やクレンジングも鼻のぶつぶつを治すためには有効です。

 

ジャンクフード、お弁当、肉や揚げ物中心の食生活は肌をオイリーにしてニキビが出来たり、鼻がぶつぶつになる原因にもなります。
オイリー肌になりやすい食事が好きな方も多いと思いますが、回数を減らして煮物や魚などの和食中心の食生活にするのが望ましいです。

 

また、新陳代謝でお肌を生まれ変わらせることも大切なので、質の高い眠りを意識することを心がけましょう。

 

鼻のブツブツがめっちゃキレイにとれる方法

 

鼻のブツブツってとても気になりますよね。鼻がブツブツなだけでスッピンに自信が持てなくなったり、メイクもくすんでしまいますよね。
実は、とても簡単にキレイにブツブツが取れる方法があるのでご紹介します。

 

鼻のブツブツがキレイにとれる方法

まずはいつものように洗顔と保湿を行いましょう。
次に綿棒とオイルを用意して綿棒にオイルをしみこませます。
綿棒を鼻の上でコロコロ転がしたり、優しくなでるようにしてみましょう。

 

※もしも滑りが悪い場合には保湿クリームなどを鼻に塗り足しましょう。

 

角栓は横から押すような感じでやるのもお勧めです。眉間の部分は、シワを寄せるなどして色んな角度からやるのも効果的です。
基本的に鼻のブツブツが溜まらないようにするには、クレンジング、洗顔、保湿が大切です。正しいクレンジングと洗顔と保湿を行いながら、時々、綿棒にオイルを塗って転がす方法をやってみましょう。

 

鼻の毛穴に詰まっているのは、皮脂、メイク、汚れ、細菌などが混ざって酸化して黒ずんだ皮脂汚れです。きれいに取り除くことで、クレンジングや保湿の効果が早く現れます。

 

使用するオイルですが、普段、スキンケアに使っているオイルがあればそれを使いましょう。無ければ、アルガンオイル、ホホバオイル、オリーブオイル、ベビーオイルなど自分の肌に合うものをセレクトしましょう。椿オイル、マカダミアナッツオイル、ココナッツオイルなどもスキンケアに使われています。

 

鼻のブツブツの解消法

 

鼻のブツブツの解消法

鼻がブツブツになってしまう原因ですが、「乾燥」、「クレンジングの洗浄力が低い」、「角栓」、「過度なスキンケア」、「メイクの詰まり」などが考えられます。
鼻のブツブツを解消する方法にはいろいろありますが、オイルが効果的です。

 

オイルで毛穴の汚れを取り除く方法

 

レンジで1分間チンしたホットタオルを鼻の上に乗せて毛穴を開きます。

 

お肌に使えるオイルを鼻に塗って指の腹を使って優しくマッサージしましょう。

 

その後、弱アルカリ性のせっけんを十分に泡立てて優しく鼻を洗いましょう。
※すすぎ残しが無いようにゆっくりと時間をかけてひと肌より少しぬるめのぬるま湯ですすぎましょう。

 

最後に冷水で毛穴を引き締めますが、それでもまだ毛穴が開いている場合には、氷やアイスノン、保冷剤などで冷やします。

 

※オイルは、オリーブオイルやアルガンオイルなど、肌に使ってよいと言われているもの、自分が普段、愛用しているものなどでOKです。

 

もう一つの方法として、オロナインを使う方法もあります。洗顔した清潔なお肌にオロナインを鼻が白くなるくらいにたっぷりと塗ります。
塗ったまま入浴して毛穴をしっかり開かせた後、ぬるま湯でオロナインをしっかりと洗い流します。

 

最後はオイル同様に冷水、アイスノン、保冷剤などで毛穴を引き締めます。基本的には、保湿とクレンジングや洗顔がしっかりできていれば、鼻はブツブツになりにくいです。

 

皮脂が過剰分泌していたり、乾燥していると鼻はブツブツになりやすいです。普段から顔がテカリ易いという人ほど、鼻はブツブツになり易いです。ストレス、睡眠不足、食生活、便秘などに気を付けることも鼻のブツブツの解消法として役立ちます。

 

鼻のぶつぶつの元である角栓の取り方

 

鼻がイチゴのようにぶつぶつに見えるのは、毛穴に角栓が詰まっているからです。
角栓は、皮脂、汚れ、メイクなどが混ざった状態で、酸化して黒っぽくなっていることもあります。

 

皮脂が過剰分泌している方はもちろん、乾燥肌の人も鼻には皮脂が詰まっている場合が多いです。
鼻のぶつぶつの元である角栓の取り方は、色々な方法があります。ひとつは、毛穴パックという方法がありますが、周りの皮脂まで引き剥がしてしまう為、あまりお勧めできません。

 

毛穴パックのシートに角栓がついてくるのが分かって、爽快感があるのですが、アフターケアをしないとまた詰まってしまいます。
むしろ、毛穴パックをすることで余計に肌トラブルを起こしたり、角栓がひどくなったりすることもあるので注意が必要です。

 

おススメは、直接指の腹を使って毛穴に詰まった皮脂を押し出すという方法です。
清潔な指の腹を使って、肌を傷つけないように押しましょう。オイリーな状態で毛穴が皮脂汚れで盛り上がったようなケースでは、かなり余分な皮脂が取り除けると思います。

 

この時に爪を使って肌を傷つけないように優しくやるのがコツです。もう一つの方法としては、オイルを塗るという方法があります。
オイルを塗ることで、毛穴の中の角栓を溶かして出してしまうという方法です。

 

綿棒で塗るという方法もありますし、直接、指でなでるように塗るという方法もあります。オイルを塗った後は、洗顔石鹸を使い、ぬるま湯で洗って丁寧にすすぎましょう。

毛穴の汚れ